あこた の日記

なんか変なことしてたら言ってください

【科学】砂糖一粒で全世界のデータを収容??DNAにデータを保管

student.societyforscience.org

前回の「DNA折り紙」に続いてDNA関連の記事です。

【要約】

現在のデータ保管法に取って代わる方法としてDNAが注目されている。

コンピューターが0と1にデータを変換して保存しているのに対して、DNAはA,T,C,Gの4つの型にデータを変換して保存する。

データを読み込むときは、PCR法という加熱と冷却を繰り返す方法でDNAを十分な量まで増幅させてから読み込む。

現在の方法だと20-30年で移しかえる必要があるのに対し、DNAを利用すると数千年移しかえる必要がない。

砂糖一粒大のDNAで全世界のデータを収容できるほど容量が大きいということもあり、これからの発展に期待がもたれている。

 

【感想】

正直DNAを使ってデータを保存する方法については十分理解できた気がしていません。。。

何か良さげなサイトを見つけて勉強したいと思います。。

でも砂糖一粒で全世界のデータを保存とかすごすきるし、まさかDNAという生物の基をコンピューターサイエンスに応用できると思わなかったのでこの技術にはすごいワクワクするものがあります。