読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あこた の日記

なんか変なことしてたら言ってください

【書評】7時間睡眠やってみます。睡魔を再起不能にします。(「睡眠第一!」ですべてうまくいく)

 

「睡眠第一!」ですべてうまくいく

「睡眠第一!」ですべてうまくいく

 

僕は 高校時代から授業中に居眠りをすることで有名でした。。。

部活の朝練で疲れ果てた後に7限もあるなんてもう鬼かと思ってました。

途中からはもう全部の授業で起きておくのは無理だと思い、どうしても起きておかなければならない怖い先生や顧問の授業の前の授業は割り切って無理にでも寝る、という作戦を立てているくらいでした。

大学に入っても睡魔との戦いは変わらず、でも講義にそれほど真剣に取り組んでいたわけでもないので危機感はあまり感じませんでした。

学部4年の時は講義がなく、好きな実験中は眠たくならなかったので睡魔との戦いもこれで解決したか?と思っていました。

でもこの4月から大学院に入学し久しぶりに講義を受けたところ、まあ全く変わらず起きられない。これは大事な内容だ!と自覚していても気づけば夢の中。

社会に出るのがいよいよ近づいてきたのにこれはまずいと思い、睡眠についてもっと真剣に考えようと思っていた時に見つけたのがこの本です。

 

表紙から読みやすそうだなと思いKindle版を即購入しました。

この本を読んだ結果、自分の夢の実現のためにも睡眠をしっかりとろうと考えるようになりました。

  • しっかり寝ていない人は落ち込みやすい
  • 自己肯定感が低い人は睡眠の質も良くない

という内容がありました。

ぼくは人生において成長し続けるためには継続が最重要だと考えています。

そして継続のためにはモチベーションを高く維持し続けて日によってムラがないようにするべきだと思います。

 最近気持ちの浮き沈みが多いなーと思っていたのですが、これも睡眠が原因なのかもしれません。

しっかり睡眠を取ることでいつもポジティブに、高い意欲を持って何事にも取り組んでいけることを期待します。

また、

  • 生活の中の最優先事項を「寝ること」にする

とまで筆者は言い切っています。「朝活」や「時短」を奨励する本が最近多く出版されているけれどもそれ以前に睡眠が一番大事であるとも述べています。

昔から「勉強の効率を上げるためにも睡眠は大事」とよく言われますが、現役で医学部に合格し医学博士で教育学部教授でありながら本も多数出版する超人のような筆者に言われるとそれは説得力があります。笑

筆者は8時に寝て3時に起きて活動開始していたそうですが、そこまで極端ではないにしてもこれから徐々に朝型にもシフトしていきたいです。

とりあえずは毎日7時間睡眠を取ること、11時に寝て6時に起きることを目標にしていきたいと思います。