読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あこた の日記

なんか変なことしてたら言ってください

【書評】ザ・コーチ 最高の自分に出会える(谷口真彦)

 

ザ・コーチ

ザ・コーチ

 

 

Kindle版がセールで安く売っていたという若干ネガティブな理由で買いました。

(現在は終わっているようです。。)

ですが思った以上に良い内容で今後も繰り返して読みたい本だなと思いました。

この本はストーリー形式になっており、万年係長の冴えない主人公がある一人の老紳士との出会いをきっかけに人生を変えていく、というお話です。

後半は、会社などの大きい箱に対しての自分の考え方、部下に対しての自分の考え方、といった学生の自分にはあまりピンとこない内容でした。

前半は割と個人の考え方に関するもので、今の自分に大いに役に立つ内容でした。

とくに「目標」「目的」「夢」「ゴール」「ビジョン」というあいまいに使ってきた言葉の定義を明確にすることの重要性、という点が印象に残りました。

ざっくり説明すると以下のようになります。

目的:成し遂げようと目指す事柄

目標:目的を達成するために設けた目印

:心から叶えたい、純粋に実現したと思う事柄

ゴール:目的のための最終的な目印、ゴールを達成する=目的を成し遂げる

ビジョン:目的・ゴールを達成したときの自分自身の理想像、またそこからの光景

これらの言葉を単体で用いるのではなくセットにして設定することでモチベーションも向上し、ゴールを達成できる可能性も高くなるということでした。

まとめると、

自分の中に無数に存在するの中から本当に実現したいものを選んで、目的ゴールをはっきりさせる。

そのゴールを手にするために具体的な目印や通過点といった目標を設定する。

目的やゴールを達成した瞬間のビジョンを繰りかえし心の中で描くことでモチベーションを維持・向上させる。

ということです。

今までも人生における夢、みたいなものは自分の中にもあったのですが、以上のように考えることでそこまでの道のりがより具体的に形成されたような気がします。

また時間を取って自分の人生における「目標」「目的」「夢」「ゴール」「ビジョン」は何か、ということについて考えたいと思います。