あこた の日記

なんか変なことしてたら言ってください

【科学】すい臓がんへの画期的な治療法

news.mit.edu

 
・概要
すい臓がんへの効果的な新療法
・背景
アメリカにおけるガンによる死因の第三位であるすい臓がん。
その理由としてはすい臓が体内の深くにあり治療しにくく、また通ずる血管の数が少ないため化学療法も効果が薄かった。
・詳細
PLGAと呼ばれる新規ポリマーを開発。このポリマーフィルムは細いチューブにも丸め込むことが可能であるため、カテーテルなどで薬を埋め込んだフィルムを体内に送り込むことが可能。
すい臓に達したフィルムは開いたのち腫瘍の形に合わせて変形する。
薬が放出される時間をコントロールすることでより効果的に。
すい臓の血管の少なさにより、薬が拡散しにくくなるというメリットも。
局所的に薬を投与することができるため、ほかの臓器への副作用も少ない。
マウスでの効果は確認されており、人体への効果もこれから検証。
 
材料科学と生体化学の融合、すごい。
化学を専門としているものとしては他分野での材料の活躍はとてもわくわくする。
異なる分野が積極的に交流できるような環境作りは大事だと思う。