読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あこた の日記

なんか変なことしてたら言ってください

【書評】一瞬で人の心を操る「売れる」セールスライティング(村上むねつぐ)

いつものようにamazon

「良い本ないかな~」

とブラブラしているときに見つけた本です。

Kindleで199円と手ごろな価格だったということもありすぐに購入し、読破してしまいました。

読む前は胡散臭いなと思っていましたが、読み終わってみると意外と得るものはありました。

物を売るために一番大切なものとは、

という内容や

人を操る魅力的な文章を書くための具体的な方法

が分かりやすく書かれていました。

助詞や句読点の使い方という細かい実践的な内容ではなく、

それ以前の文章を書くことについての考え方が書いてあります。

内容についての感想を少し紹介したいと思います。

 

印象に残ったのは

ビジネスで一番大切なことは信頼

信頼してもらうために必要なことは成功体験をさせること

という内容です。

この本の一番の主題の文章術の一歩手前の心構え的な部分かもしれませんが今の自分の考えていることに何か響いたのかとても心を揺さぶりました。

セールスなどの流れを逆から概説すると

売り手を信頼しているから、無条件でどんどん買ってくれる

成功体験が信頼をつくる

成功体験をさせるためには行動をさせる

行動させるためには感情を揺さぶる

であり、ビジネスで一番ネックになるのが行動をさせるということであり、

そのための感情を揺さぶる文章の書き方がこの本の内容です。

自分の話に戻ると、成功体験が信頼をつくる、という部分に関して思い当たる節がありました。

昔から書評ブログや自己啓発的な内容のブログが好きで時間つぶし(や現実逃避)のためによく読んでいました。

なかなか読むのが止められない理由にはこの「成功体験」が影響していたのではないかとこの本を読んで感じました。

ビジネス本などの書評を読んで、その本をよんだつもりになって、少しでも自分が成長したと感じる、それこそが快感であり成功体験なのではないかと思います。

そしてそれを成功体験だと感じるのは、

今の自分の能力および将来について成長しなくては

という漠然とした不安を僕が抱えており、

その不安という感情を、書評ブログや自己啓発ブログの内容が揺さぶっているからだと思います。

この本がとても面白く感じたのも感情を揺さぶったからでしょう。

ブログを書き始めてから魅力的な文章を書きたい、とずっと考えていたからです。

 

この本を読んで、

成功体験が人を動かす

人を動かすには感情を揺さぶることが必要

ということが実体験からも理解でき、文章を書くことについてまた意欲が湧いてきました。

人々のニーズは何か、またそのニーズの満たし方についても学ぶべきことは多いと実感しました。

 

もう少し進んだ内容の、「感情を揺さぶる文章の具体的なフォーマット」や「他人を動かすトリガー単語」まで用意されていましたがここではネタバレになってしまいますのでそこは書きません。

ですがブログを書くときに大いに参考にさせていただきたいと思います。

 

ちなみにこのブログ書いた後に筆者の村上むねつぐさんについて軽く調べてみたのですがあまりいい評判はないようですね。笑

若くしてお金を稼ぎすぎているせいか、情報教材というものがあまりよく思われていないという理由もあるかもしれません。あと外見がちょっとチャラい、、、笑

 

ですがこの本であれば金額も安いですし興味半分で買ってみても良いと思います!

おすすめです!

良い文章を書くために頑張ります。

では。