あこた の日記

なんか変なことしてたら言ってください

【科学】ホッキョクグマは一週間以上泳ぎ続けられる!

student.societyforscience.org

タイトルからはホッキョクグマはすごいぞ!みたいな意味を受け取れるかもしれないですが、これは地球温暖化の及ぼす影響の記事です。

【要約】

地球温暖化ホッキョクグマにも深刻な影響を及ぼしている。

北極の氷が解けるにつれて、ホッキョクグマが餌をとるために泳がなければならない時間が増加してしまう。

実験によると、最長で9日間も泳ぎ続けたクマがいた。

水中でアザラシを捕えることは非常に労力を必要とするので、体力のない子供や老いたクマは疲れ果てて死んでしまうことさえあるのだ。

 

【感想】

一週間以上ってどのくらいキツイか想像もつきません。

とくに空腹時ともなると相当厳しい状況になるでしょう。

ホッキョクグマはあまり流暢に泳げるイメージもないですし。

Arcticは北極、Antarcticは南極だということは覚えておかなければなりませんね。

 

【科学】今日は口内炎あるからPC使えないわ~

student.societyforscience.org

【要約】

四肢麻痺(手足がマヒした)の人達に向けて、舌を使ってコンピュータを動かす技術が開発された。

従来の脳波や眼球の動きで操作する技術よりも簡単であることが特徴だ。

マウスガード状で、内側にある5つのスイッチはキーボードの上下左右、クリックに対応しており直感的に操作することができる。

 

【感想】

「5つのスイッチはキーボードの上下左右、クリックに対応」

とあり、文章でもたやすくイメージできるこのシンプルさがすごいと思います。

脳波、眼球の動きで操作できるといっても何か特別な装置がいるんじゃないかとか安定して操作できなさそうとか思ってしまいそうですし。

特に個人的な意見としては脳波で操作するなら、操作中は妄想したり変なこと考えられなくて何か苦しそうなイメージを持っています。笑

それに対して5つのスイッチのみというのは理解もしやすく、導入のハードルの低さも素晴らしい点の一つではないでしょうか。

価格も安いということですし、早く実用化されることを期待します。

 

【科学】最近スマホの充電の減りが早いわ~なんてもう言わなくていい?

student.societyforscience.org

今日はMIT Newsとともに最近読み始めたScience News for Students から。

【要約】

新しいバッテリーのシステムがアメリカのUC-Irvineで開発された。

従来のバッテリーは何回充電を繰り返すとリチウムを含んだ電極が劣化し機能が落ちるという欠点があった。

今回発明された電極は金のナノワイヤ(髪よりも細い)を酸化マンガンでコーティングし、電解質ゲルでコーティングしたものである。

ゲルでコーティング、というのが今回のカギでもある。

このナノワイヤを用いた電極は従来の5000倍ほどの耐久性を持ち20万回の充電⇔放電後も性能は変わらなかった。

 

MIT Newsに比べるとScience News for Studentsの方が分量も程よく、内容的にも読みやすい気がします。

”MIT News読んでるのってかっこいい”って少し自分で思ってしまっているっていうのもありますが。笑

 

【科学】テラヘルツ波を用いた検出法

news.mit.edu

【要約】

テラヘルツ波(周波数1THz(波長300µm)前後の電磁波)を用いた分光法が開発された。

物質はテラヘルツ波に対して固有の吸収を見せるために物質の検出、観測が可能。

従来は装置が大きくて重い、測定時間も30分程度かかるなどの欠点があったが、

今回開発された測定装置はチップ大の大きさで100マイクロ秒しかかからないという特徴を持つ。

サムネイル画像にあるような"gain medium"というヒ素ガリウムとアルミニウムガリウムが積層した、奇妙な構造を持つ媒体からレーザーは発振される。

テラヘルツ波を用いたセンシング技術の発展に大きく貢献するだろう。


ザッとスキミングして要約しましたが、間違ってるとこがあったらどんどん言って下さい。

専門用語が多いとやっぱり読みにくい 。

しかも物理は特に苦手だったからなおさら、、、

 

【今週のお題】高校サッカーといえばもちろんこの一足ですよね?

f:id:mo156ta:20160522074326j:plain

今週のお題「わたしの一足」

僕が人生で一番たくさん履いた靴だと思います。

そう、クエーサーカップです。

いま20代で高校サッカーやってた人は絶対わかると思います。笑

手ごろな値段と程よい履き心地、日ごろの練習用に使ってた人も多いと思います。

 

うちのサッカー部でも流行りに流行って練習試合の時11人中9人くらいクエーサーカップを履いてて敵チームから

「え、なにこのチームスパイク揃えてんの」

と整列の時につぶやかれたことがあります。笑

とりあえずめっちゃ好きでした。

どのくらい好きかって言うと高校最後の公式戦でどうしても取り替え式スパイクが必要になった時、部室で拾った取り換え式のクエーサーカップで出場したくらいです(たんに新品買うのケチっただけ)

だったんですが高校の途中で販売中止になってすごい残念だったのを覚えてます。

いまもたまにゆるくサッカーするんですけど、真剣ではないけど適当にスパイクは選びたくない、っていう状況になった時にこれがあればなーといつも思います。

今ミズノで最安のモデルはソニックウェーブ?モナルシーダ?どれですかね?いつの間にか種類が増えていたみたいです。

いつの日かクエーサーカップが生産再開するのを待ってます。笑

 

 

 

 

【書評】あの人には何が見えているのだろうか。Part②ザ・コーチ 最高の自分に出会える

 

ザ・コーチ

ザ・コーチ

 

 

以前、

ザ・コーチ 最高の自分に出会える(谷口真彦)

についての書評を書き

「目標」「目的」「夢」「ゴール」「ビジョン」という言葉の定義を明確にすることの重要性

 についてが一番印象に残ったと書きました。

そこで、自分において上の5つの言葉に当てはまるのは何か、ということについて考えてみました。

目的・ゴールだけを書くと、

目的:自分も人もわくわくするような物・事を創り出す

ゴール:自分の発明・研究が世間に評価され賞をもらう。製品化されて人々に広く知られる。

です。

他の言葉については書きませんでしたが、

に関しては沢山出てきました。成し遂げたいことはたくさんあります。

目標についても、目的・ゴールを選ぶと自然と必要な事柄がはっきりとするような気がします。目標を設定するといっても今の自分と目的・ゴールとはかけ離れた状況にあるので段階的にいくつもの目標を設定することが大切だと思います。

しかし、ビジョンは中々想像できませんでした。これが自分がいまいち本気になれなかった原因かもしれません。成功している人の本を読んだり話を聞いたりしてその人には世界がどう見えているのか、知りたくなりました。

 

次のステップとして、

  • ビジョン(自分の理想像、またゴールを達成したときに見える光景)を明確に描けるようになること
  • 目標を段階的にいくつも設定し、目的・ゴールへつづく道のりを明確にすること

をしていきたいと思います。

 

やはり、本を読むだけと実践してみるのとは大違いです。またいかに自分が本の内容を理解していないか、ということも明らかになりました。

速読や多読も大切だと思いますが、心に響いた一冊を何回も読むことの重要性が分かってきたかなと思います。

 

 

【今週のお題】GW2016~飲み会、読書、いちご狩り~

 もう終わってしまいましたが、今年のGWについて振り返ろうと思います。

長期休暇を持て余すことには自信があったのですが今年は割と内容があったGWだったように思います。笑

ざっくりまとめると、

・飲み会×4(すべて同じメンバー)

・サッカー×2(呑み会と同じメンバー)

・いちご狩り(同上)

・読書

ほとんど同じ人たちと過ごしていましたが、楽しい休暇となりました。

初めていちご狩りに行ったのですが相当楽しかったです。

すぐ飽きると言われてたので練乳とチョコクリームを持っていきました。

まずはプレーン、飽きたら練乳、また飽きたらプレーン、で時間いっぱい楽しめました。チョコは微妙でした。

なんか初めて大学生っぽいことをしたような気がします。笑

なんかいいですね、今度は海にも行きたいです。

 

読書については購入しただけで読んでないのもありますが

 

生き方―人間として一番大切なこと

生き方―人間として一番大切なこと

 

 

 

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」

 

 

 

脳を最高に活かせる人の朝時間

脳を最高に活かせる人の朝時間

 

 

 

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

 

 この4冊を買いました。

また感想はいつか書こうと思います。

 

GWが終わったらしばらくは長期休暇はないですが、

akota156.hatenablog.com

で書いた通り、長期休暇などでひと段落せず、区切らず、継続し続けていきたいと思います。